食事により体調を整える方法

食事により体調を整える方法

食事により体調を整える方法とは!?

 

食事のとりかたによって、体調を整えることは
可能です。

 

それには、いくつかのポイントがあります。

 

まず、
便秘体質にならないための食事です。

 

便秘は、体に良くありません。また便秘が続くと、
肌トラブルにまで繋がったり、不調が連鎖するんです。

 

そこで摂りたい栄養は、有名ですが食物繊維です。

 

食物繊維は、レタスやごぼうなどに含まれます。
ぜひ摂りたい栄養素です。

 

また、朝食は抜かずに食べたほうが、
体調が整います。

 

パンだけで済ませるのではなく、そこに卵焼きや
ほうれん草、焼き魚など、バランスの良い食事が
体調を整えます。

 

お豆腐にしらすをのせるなどするとカルシウムも
しっかりとれるし、食後中ヨーグルトを少し食べるだけでも、
腸内環境を整えるのにも効果的です。

 

何事も、バランスが大事なので、いいからといって
食べすぎるんではなく栄養が偏らないようにするのも
ポイントなんです。

 

ダイエットのために炭水化物を抜くなんてことは、
決してしてほしくない行動です。

 

私が健康のために実践している3つのこと

 

私が体調を整えるために実践していることは3つです。

 

一つ目は水を一日一リットル以上は飲むこと、
二つ目は睡眠時間を7時間以上取ること、
三つめは寝る前に血行のよくなる薬を飲むことです。

 

私はこれらをすることで、起床直後の体が
重い感じが全くしなくなり、一日をスムーズに
始められます。

 

一日一リットル以上の水を飲むことについて、
よくダイエット方などで一日2リットルの水を
飲むことが推奨されていますが、体調管理のためであれば、
私は1リットルでよいと感じています。

 

そもそも2リットル飲むことは、なかなか難しいと
感じましたが、1リットルであれば、喉が渇いたときに
ほかの飲み物でなく、水を飲む程度でまかなえます。

 

寝起き以外の効果としては、肌の張りが
良くなったり、顔がむくみにくくなったりします。

 

睡眠時間を7時間以上取ることも、
よく言われていることはよく言われていることなので
割愛します。

 

ちなみに私の体は睡眠時間が6時間以下になると
明らかに翌日に疲れを残すので7時間を
死守しています。

 

疲れを残さないことが、仕事でも何でも
ハイパフォーマンスを発揮しつづけるコツだと
思っています。

 

血行を良くする薬については、いろいろとあると
思いますが、ドラッグストアで売っているレベルの
薬からでも、ぜひ試していただきたいと思います。

 

自分の体に合う薬を見つけられれば、
寝起きダルさに一生のお別れができます。

 

 

同じものを連続して食べない

 

体調を整えるために同じものを連続して
食べないように気をつけています。

 

同じものを食べたくなっても食べられないように
買い物するときは気をつけています。

 

同じものをいくつも買って冷蔵庫へ入れておくと
食べてしまうので、たくさん買わないで
その日食べる分だけ買うように気をつけています。

 

その日食べる分だけ買うとムダがありません。

 

私は毎日のように外出するのでそのついでの
買い物ができます。

 

ついでなのでガソリン代も時間もかかりません。
だからその日食べる分だけの買い物で済むのです。

 

同じものを繰り返し食べないようにしてから
体調が整ってきました。

 

だからこの方法は今後も続けます。

 

お金の節約にもなると思うのは病気に
かかりにくくなったから・・・病院代や薬代
が浮きます。

 

体調が整うと病気にかかりにくくなりますよね・・・。

 

同じものを連続して食べないだけの方法でも
結構体調が整うものですよ。誰にでも
オススメできる体調を整える方法です。