睡眠によって体調を整える方法

睡眠によって体調を整える方法

睡眠によって体調を整える方法を
紹介しています。

 

体調が悪いとき、サプリメントなどを摂るのも
一つの方法ですが、やはりきちんと睡眠を
取るのがいちばんの対策ではないでしょうか。

 

長い人で1日の3分の1以上は睡眠だと
計算できますので、睡眠の質を十分高めることで
体調を整えてきたいです。

 

まず眠りにつく前の2〜30分はなるべく何事にも
集中せずリラックスするべきです。

 

例えば本、漫画を読んだりスマートフォンで
インターネットをするのに集中していると睡眠の質が
下がってしまいます。

 

そうではなく、部屋の空調を整えできれば
間接照明などにして眠りに向かう環境づくりを
すべきです。

 

その中で楽しいこと、これから楽しみなこと、
ポジティブな想像などをすべきです。

 

可能であればアロマなどを焚いたり部屋の
ミストを使って香りの面でも睡眠環境を
整えたいです。

 

次に睡眠の質を高めるためにはそれまで
起きている時間に十分疲れることも大切です。

 

休日などで仕事をせず、あまり活動していなかったら
眠りが浅くなるかもしれません。

 

なので軽く運動や散歩などをすると
眠りの質が良くなります。

 

身体の声に耳を傾けるだけ

 

食べたいものを食べたいときに食べると体調が
整います。

 

でもこれは万人にオススメの方法じゃないです。

 

たまたま私の身体には合っている方法なので
私は長く続けています。

 

うちは母子家庭なんです。

 

昼夜関係なく仕事をしているので食事は
食べられるときに食べます。

 

朝になったら朝ご飯、昼になったら昼ご飯、
夕方になったから夕ご飯なんて言っていられません。

 

私の場合は食事できる時間があれば
食事をするし食欲がなければ食べません。

 

もちろん子供には規則正しい食生活を
させていますが私は私の身体の声に
忠実なんです。

 

半日食欲が出ないこともありますがそういうときは
飲み物だけで過ごします。

 

それもジュースが飲みたかったらジュースを、
お茶を飲みたかったらお茶をという感じで
制限を設けません。

 

食べ物も飲み物も欲しいときに欲しいだけ・・・
いらないと思ったら何時間でも口にしません。

 

身体の声に耳を傾けるようになってから
体調が整いやすくなりましたよ。